未来の福井を担う子供たちに豊かな体験と身の回りの環境に関する知識を。やがて活動を牽引するリーダーに。

環境ふくい推進協議会

環境ふくい推進協議会について

環境ふくい推進協議会とは・・・

 環境ふくい推進協議会は、環境保全活動に取り組む人々の自発的な活動の推進母体として、環境保全にかかる県民、団体、企業のネットワークづくりおよび地域に根ざした活動の育成を図り、継続的かつ着実な環境保全活動の推進を図ることを目的として、平成6年10月に設立された団体です。
 前福井県環境基本計画(平成20年策定)で「県民運動の推進母体」と位置付けられ、現在、個人、団体、企業、市町を併せ、約1300の会員が所属しており、広く県民の環境活動を後押ししています。

画像

 平成26年の20周年という節目を契機にして、平成25年に改定された新福井県環境基本計画に基づき、『里山里海湖の研究・活用プロジェクト』『地球温暖化対策推進プロジェクト』『ものを大切にする社会づくり強化プロジェククト』『「水を守る」プロジェクト』『環境教育推進プロジェクト』を推進し、個人、団体、企業、市町のそれぞれに応じた環境保全への取組みの参画促進の機会を整備します。

事業紹介

会長挨拶

 環境ふくい推進協議会は平成6年に福井の環境保全に自発的に取り組む人々の活動の推進母体として設立、運営されてきており、今年は設立20周年の節目の年に当たります。
 今般、この節目の年に、会長職をお引き受けすることとなりました。

 私たちが住む福井県には、先祖代々守り抜いてきた美しい里山里海湖(さとやまさとうみ)があり、多様な生き物や美味しい水などに支えられた豊かな食文化、伝統文化が息づいております。
 私たちの生活に欠かすことのできない身の回りの「環境」を守っていくため、これまでも当協議会においてNPOや地域の団体が行っている環境保全活動や、県内の再生可能エネルギー・省エネルギー、リサイクルなどに取り組む企業の見学会、さらには子供たちの環境教育のための支援などを行ってまいりました。
 今後は、これらの支援を継続することで広く県民の環境保全活動を後押しするとともに、県下の様々な活動を「つなげる」ことにより、さらなる活性化を目指してまいりたいと考えております。
 未来の福井を担う子供たちに豊かな体験を、さらに身の回りの環境に関する知識を身につけてもらい、やがて環境保全の現場において活動を牽引するリーダーとして、美しいふるさとをさらに後の世代に引き継いでいってもらう― この一連の流れをさらに大きく、確かなものとするために当協議会として積極的に取り組んでまいります。
 環境ふくい推進協議会の活動につきまして、引き続き皆さまのご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

環境ふくい推進協議会 会長

会長サイン

環境ふくい推進協議会に入会しませんか?

情報誌サンプル情報誌『みんなのかんきょう』

会員証20周年記念会員証

環境ふくい推進協議会では、随時会員を募集しています。
環境問題に関心のある方、当協議会情報誌『みんなのかんきょう』を毎号読みたい方、当協議会主催の講演等の情報を知りたい方は、
この機会にぜひご入会していただき、みんなで「美しい福井の自然」を未来に引き継いでいきましょう。

年会費 個人会員:500円
企業会員:1口 10,000円(1口以上何口でも可)
団体会員:無料
ご入会
申込み先
環境ふくい推進協議会事務局
(福井県環境政策課内)
TEL:0776-20-0301(直通)
FAX:0776-20-0679
mail:kankyou@pref.fukui.lg.jp

環境ふくい推進協議会設立趣意書

私たちのふるさと福井は、豊かな緑と水に恵まれています。これらの優れた環境は、郷土の人々が長い年月にわたって、生活や生産の場で、身近な山や海・川・湖などを利用し、その恩恵を享受する中で、守り、育ててきたものです。
しかしながら、「都市化」が進展し、「大量生産・大量消費」に伴う「使い捨て文化」が浸透した近年では、生活排水による河川等の水質汚濁をはじめ、自動車による騒音や大気汚染、廃棄物による環境の悪化など、いわゆる都市・生活型公害といわれる環境汚染が問題となってきています。
また、将来の人類の生存にもかかわる問題として、地球温暖化やオゾン層の破壊、熱帯林の減少といった地球規模の環境問題が、今日、大きな問題になってきており、21世紀に向けて早急に取り組まなければならない重要な課題となっております。
炭酸ガス等の増加やフロンの使用、紙原科や建設用資材としての木材の大量輸入等を原因とするこれらの間題は、実は、便利さや快適さを追求してきた私たちの生活と密接にかかわっています。
これらの多様な環境問題に適切に対応し、次の世代に優れた環境の恵沢を引き継いでいくために、いま、私たち一人ひとりが、“地球にやさしい社会と暮らしは何か”をみずからに問いかけ、出来ることから実践していくことが求められています。そしてそうした小さな活動を大きな輪につなげていくことが必要となっています。
こうしたことから、ここに、県民、各種団体、事業者等で構成する「環境ふくい推進協議会」を設立することといたしました。
私達は、この協議会の活動を通じて、環境に関する講演会の開催や情報の提供、環境保全団体に対する育成、支援等を行い、環境保全活動に参加する人々のネットワークづくりを進めるとともに、地域に根ざした実践活動の推進を図ってまいりたいと考えております。
各位におかれては、なにとぞ、この趣旨にご賛同いただき、ご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

平成6年7月6日 環境ふくい推進協議会設立発起人
発起人代表 福井県経済団体連合会会長 市 橋    保
発 起 人 福井県商工会連合会会長 柿 本 角太郎
福井県中小企業団体中央会会長 荒 井 由 二
福井経済同友会代表幹事 吉 田 耿 介
福井県建設業連合会会長 前 川 元 信
福井県農業協同組合中央会会長 池 端 昭 夫
福井県森林組合連合会会長理事 村 上 利 夫
福井県漁業協同組合連合会会長理事 成 瀬 亮 一
福井県内水面漁業協同組合連合会会長理事 坂 下   信
福井県連合婦人会会長 政 野 澄 子
福井県消費者団体連絡会会長 池 内   啓
福井を美しくする会連絡協議会会長 伴   岩 男
二夜の川を美しくする会会長 村 上 哲 雄
  • エコイベント掲載希望申込フォーム
  • 会員募集
  • 情報誌バックナンバー
  • リンクについて
  • 50の体験
  • facebook
  • 福井県地球温暖化防止活動推進センター
  • クリーンアップふくい

環境ふくい推進協議会事務局
(福井県環境政策課内)

福井市大手3丁目17番1号
TEL:0776-20-0301(直通)
FAX:0776-20-0679